カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

遠藤 a.k.a LOCO PLAYA

現代に合わせた独自の感性で話題のブランドを数多く取り揃えるセレクトショップ。
取扱いのインポートブランド数は常時50ブランド以上、またAK-69やKAYZABRO(DS455)と国内ヒップホップアーティストが手掛けるドメスティックブランドも取扱い中。
最新の入荷情報やセール情報などはFacebook・Instagram・TwitterなどのSNSにて日々発信しています。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

般若 / 何者でもない (直筆サイン入り)

【般若(はんにゃ)】
1978年生まれ。ラッパー。2005年、長渕剛の武道館ライブで前座を務めて話題となる。08年に自身のレーベル「昭和レコード」を設立。映画、ドラマ、企業CMにも出演するなど活動の幅を広げている。18年までに10枚のアルバムを発表。現在、テレビ番組「フリースタイルダンジョン」にラスボスとして出演中。19年1月11日に日本武道館での単独ライブを控えている。
・・・・・
「バイトじゃねえ 俺はヒップホップに就職! 」
最ッ低のMC、孤高のラッパー、ラスボス。
異名の変化は、彼が全力で走り続けた証だったーー。
内気だった少年は、いかにして「般若」になったのか。
ヒップホップ界随一の異端児・般若、入魂の自叙伝!
・・・・・
【内容紹介】
母子家庭で育ち、いじめられっ子だった少年時代。暴走族を結成した仲間達に囲まれながらヒップホップに夢中になった10代後半。名前を売りたい一心で、人気アーティスト達のライブにカチ込んだ20代前半。長渕剛に見出され、武道館ライブで前座を務めた20代中盤。自主レーベルを立ち上げ、孤高のラッパーと呼ばれ始めた30代前半。そしてテレビ番組「フリースタイルダンジョン」への出演。般若はいつだって熱かった。自分の存在を証明するために、敵も味方も巻き込む熱量で限界突破を繰り返してきた。そしてついに、武道館での単独ライブにまでこぎつけた。疾走の先に見えた景色とは一体何なのか。ヒップホップの枠を超えて走り続けるラッパー般若、初の自叙伝。

【目次】
プロローグ 気がついたら、そこにいた
#1 vs生い立ち
#2 vs未知
#3 vs無名
#4 vs金
#5 vs夢と現実
#6 vs孤独
#7 with
エピローグ 気がついたら、ここにいた
販売価格 1,500円(税込1,620円)
購入数

ピックアップ商品